木 村 尚 樹 
         NAOKI  KIMURA
         fine photographic arts
           since 1987

凪LOGO_BK_light_edit-c.gif

零式写真美術 III

「原始的≒本能的であれば、限界芸術の地平“零”には“ゆらぎ”がある。」

零式写真美術 III

本能が紡いだ”ゆらぎ“ が共感として伝播し、芸術の記号として存在するときに、美術として制作されたものは、”零“の設えによって説明される。
それが写真表現としての美術作品である場合には、人間の心象への使役は唯一個人の本能的体感に帰属することになり、その共感としての“ゆらぎ”を切り取る写真の刹那がそれを成立させ得るのである。
これを以て、零式写真美術とする。

When the "fluctuation" spun by instinct is propagated as sympathy and exists as a symbol of art, what is created as art is explained by the setting of "zero".
When it is a work of art as a photographic expression, the swaying of human mental images can only be attributed to the instinctive experience of the individual, and the moment of photography that captures the "fluctuation" as sympathy can make it possible.
This shall be referred to as the "Zero-horizon Photographic Art".

木 村 尚 樹

fine art photography